ホーム お知らせ

お知らせ

第三銀行が、システナの「Web Shelter®プラットフォーム」を採用したユーザー向け統合アプリをサービス開始

2018/5/10

 株式会社システナ(本社:東京都港区、代表取締役社長:三浦 賢治、以下「システナ」)は、株式会社第三銀行(本店:三重県松阪市、取締役頭取:岩間 弘、以下「第三銀行」)が、スマートフォンを活用した新サービスとして、Web Shelter®プラットフォームを採用し、「ポータル」「お知らせ」に加え「スマートフォン通帳」機能を搭載したユーザー向け統合アプリとして2018 年5月9日(水)からサービス開始されたことを発表します。

 【スマートフォン通帳について】
 「スマートフォン通帳」は、普通預金およびカードローンのキャッシュカードを持つ全てのユーザーが、残高照会や取引明細の確認をスマートフォンにて簡単にかつ安全に行うことができるサービスです。スマートフォンが通帳代わりになるため「通帳レス化」へ向けたユーザーサービスの提供が実現でき、ユーザーの利便性も向上させることができます。

 【ポータルについて】
 「ポータル」は、「スマートフォン通帳」「お知らせ」などのユーザー向け各サービスをワンタップで起動することが可能です。各サービスを見やすいボタンにて表示でき、将来的な機能拡張の際にも、当ポータルにてサービスの周知もできるため、利用者数の向上を促進できます。

 【お知らせについて】
 「お知らせ」は、本サービスを利用中のユーザー向けにプッシュ配信によるプロモーションを行うことができます。新着が届くと「ポータル画面」にバッジで表示されるため、ユーザーへの気づきを与えることができ、効果的なプロモーションを行うことが可能です。

 第三銀行様からのコメント
 お客様がスマートフォンを活用する機会が年々増加していることを踏まえ、スマートフォンを活用した様々なサービスを提供していく構想を描いていました。そういった中、特にお客様からのニーズが多かったインターネットバンキング契約がなくても利用ができる「残高照会」サービス、各種サービスを起動される「ポータル」機能、および「セキュリティ」機能を提供するうえで、最適なサービスとしてシステナの「Web Shelter プラットフォーム」を採用しました。システナの「Web Shelter プラットフォーム」は、セキュリティサービス機能を搭載している「Web Shelter」をベースとし、サービスの機能が豊富であるため、「スマートフォン通帳」機能の開始はもちろんのこと、将来的な機能拡張においても安心・安全にご利用いただけるサービスであると考えています。
※文中に記載されている会社名、商品名は各社の商標または、登録商標です。

ページトップへ